クラミジア治療薬アジスロマイシン

クラミジア治療薬アジスロマイシンの効果について

クラミジア治療にはアジスロマイシンが最適

性病クラミジアの治療薬としてもっとも効果があるとされているのがジスロマックという抗生薬で、原因菌クラミジア・トラスコマティスを殺菌する作用の高いアジスロマイシンを主成分にしています。この抗生物質アジスロマイシンはマクロライド系の成分で副作用が弱いという点もメリットです。またクラミジア治療では他の抗生物質も使用されますが、アジスロマイシンは1回の服用で1週間も効果が持続するために、薬の飲み忘れを防ぐ利便性も持っています。通常であれば2回ほどの服用で完治すると言われています。また使用禁忌がないので他の薬と併用する事も問題ありません。つまり、医師にとってもたいへんに処方しやすいのです。

アジスロマイシンの具体的な作用

アジスロマイシンを主成分とするジスロマックは、専門的に言うと15員環のニューマクロライド系の抗生剤で、胃酸に分解されにくいために体内での効果持続時間が長いという優れた特徴があります。また血液中に入り込むことで確実に患部での殺菌作用がなされます。この2つの特徴で、わざわざ毎日薬を服用しなくても済んでしまうのです。基本的には1回の服用で1週間前後の効果持続が得られます。ちなみにアジスロマイシンの作用を分かりやすく説明しますと、この成分がクラミジア細菌の中に浸透すると70Sリポゾームというタンパク質を形成します。これが既存のタンパク質50Sと結合し、クラミジアの病原体が増殖する事を阻止するのです。さらにアジスロマイシン自体に抗炎症効果がありますから、既に炎症を起こしている性器を治癒する働きも得られます。

アジスロマイシンは3種類あります

現在専門クリニックなどが処方しているアジスロマイシンは3種類あります。それぞれに配合量が違い、効き目や効果持続の時間が変わってきます。もっとも効果が高いのが1000mg入りの薬で、1回の服用で1週間は効果持続します。ちなみにこの成分でクラミジア治療をする場合、1~2週間で完治しますから、2回も服用すればOKという事になるでしょう。またやや効き目を抑えた500mg入りもあります。こちらは3日連続の服用で1週間の効果が得られます。それから250mgのモノも処方できます。もちろん医師の判断によって処方がなされますが、自分から希望する事も良いかも知れません。