記事一覧一覧

クラミジアの潜伏期間

性病のなかでもっとも感染者数の多いクラミジアですが、感染後に発症するまでの潜伏期間は早いケースですと1週間ぐらいと言われています。そして遅い場合でも3週間ぐらいで体に症状が現れますから、性行為後の2~3週間は症状に注意しましょう。

クラミジア治療のお薬

クラミジアは自己免疫機能による自然治癒があまり見込めない感染症で、そのまま放置状態にあると症状は悪化する傾向があります。その為にクラミジアに感染したら必ず治療を受けなければいけません。治療に処方される薬は抗生物質で、感染部位や症状で処方される薬が変わります。

クラミジアの症状

クラミジアは自覚症状が少ない性感染症で、特に女性に対しては不妊症の原因として有名です。また男性の場合は排尿病や副睾丸炎になるケースがよく見られます。最近では若い年齢層に感染者が多く、日本でも代表的な性感染症とされています。