喉のクラミジアとは

咽喉クラミジアはどうやって感染するの?

喉にかゆみや痛みがある場合の注意点

喉がイガイガしたり、かゆくなったりした場合、だいたいの方が風邪やインフルエンザを心配する事でしょう。そこで内科の病院へ行って、簡単な問診を受けて注射をしてもらうかもしれません。ですが、ちょっと待ってください。このケースでは性病菌の感染も心配する必要があります。最近若い世代で急増しているのが性病のクラミジアで、この菌は性器以外にも他の粘膜感染が起きる厄介な病気なのです。そこで今までとは違う方と性行為をした2~3週間後にこういった症状が出た場合は、この咽頭クラミジアを疑ってみてください。そして性病の専門クリニックへ行って喉の粘膜検査をお願いすると良いでしょう。また喉に症状が無いとしても、性器にクラミジアの症状を見つけた場合も、必ず喉の検査を一緒にしてもらいましょう。

喉が痛くなる咽頭クラミジアの原因と症状

咽頭クラミジアに感染する原因として、オーラルセックス(口を使った性行為)や保菌者とのディープキスが考えられます。ですから性器に感染がある場合は喉もチェックが必要なのです。ただしクラミジア菌は弱い微生物で、プールや温泉などからの感染はほとんどありませんし、空気感染する事もないので安心してください。つまり粘膜感染に気を付ければ多くのケースで大丈夫です。一般的に咽頭クラミジアは自覚症状の少ない感染病で、しかも風邪と似た症状のために見過ごされてしまう危険があります。そこで性行為後の数週間に喉の痛みや違和感が起こった場合や、喉やリンパ節の腫れや発熱、そして喉や口内にできものが見つかったら、万が一を考えて検診を受けてください。

咽頭クラミジアの対処法

咽頭クラミジアの予防方法は、不特定多数の人と性交渉をしない事が効果的です。またコンドームをちゃんと使用する事やオーラルセックスの後にはうがいをする事も好ましいでしょう。もちろん性行為の前に体を清潔にしておくのは予防になります。また症状を見つけた時は、すぐに専門病院へ行きましょう。そこで行われる咽喉クラミジアの検査方法は粘膜検査・血液検査・尿検査があります。そして感染が分かったら、抗生物質での治療がなされます。適切な治療を受ければほとんど完治しますので、あまり深刻にならない様にしてください。ただし放置期間が長いと、他の組織・器官へ悪影響が出て2次被害になる事もありますので、くれぐれも早期発見をする様におすすめします。