クラミジア治療のお薬

クラミジア治療方と治療薬とは?

クラミジアの原因菌について

クラミジア治療には、性行為などで体内に侵入した病原菌・クラミジア-トラコマティスの活動をしっかりと抑え、そして完全に死滅させる必要があります。感染箇所が性器や咽頭のケースならば、主に抗菌作用のある抗生物質が処方されます。また目に感染した場合はクラミジア専用の目薬や軟膏を利用する事もあります。それからクラミジアがかなり進行していて骨盤付属器炎を発症するケースならば、抗生物質投与を点滴治療によって行う事もあります。ただし、症状に合わせた処方薬の選択と、摂取量やその摂取方法に正確を期すため、お願いするお医者さんは実績のある専門クリニックにすると良いでしょう。もちろん適正な治療を受ければちゃんと回復しますのでご安心ください。

クラミジア治療で使われる抗生剤

クラミジア治療で処方される抗生物質は『マクロライド系』『キノロン系』『テトラライクリン系』と3種類ほどあります。これらは感染部位や症状で使い分けられるのです。クラミジア用の抗生物質の治療には、一度に大量(1000~2000mg)の成分を体内摂取させる必要があります。ですから副作用にも要注意で、専門の医師はこの点で技術力が分かれます。症状の種類や進行具合、それに体調によって適量は各々違ってくるからです。例えば妊婦さんには限られた種類の抗生物質しか適用できません。使用可能なのはアジスロマイシンを成分とするジスロマックで、これは胎児に影響がないとされていて、妊婦さんの服用が許可されています。もちろん胎児の状態によってはそれさえ使えないケースがあります。このように、治療の際には必ず専門医の指導のもとで服用する様にしましょう。

クラミジアの治療期間は1~2週間

クラミジアの治療は抗生物質をメインに服用しますが、この抗生物質は腸から血液へと吸収され、血流に運ばれて1~2週間かけて全身を廻っていきます。ですから、クラミジアに感染した細胞が一通り薬によって対処を受けるまでには、少なくとも2週間ぐらいは見ておかなければいけません。これで体内に入り込んだクラミジア-トラコマティスは死滅し、感染部の症状も治っていくのです。なお1度の処方で、およそ90%の感染が治るとされていますが、症状が治まったとしても菌が残っている場合がありますので、確認検査は一ヵ月後に必ず受ける様にしてください。