クラミジアの症状

気になるクラミジアの症状とは?

自覚症状の無い性感染症

クラミジアという名前を聞いたことはありませんか?実は日本では最も感染者数の多い性感染症で、自覚症状が少なくて知らないうちに発症してしまう厄介な病気なのです。またクラミジアは男性と女性の両方に感染しますが、特に女性の場合は不妊症の原因になっている事が多く、子宝に恵まれないとの悩みがある場合は、専門クリニックなどで診察をする方が良いかも知れません。そして男性では排尿痛が多く見られる症状です。どちらも若い年齢層で感染率が高くなっていて、現在において性感染症の中では最も感染者数が多くなっています。

男性に出るクラミジアの症状について

男性の場合は、初期段階では自覚症状がほとんどありません。女性の様にオリモノのサインがありませんから、保菌者との性行為の後も変わらない日常生活を送る様になります。ですが、やがて排尿痛や副睾丸炎といった性器に感染症が現れて性器がかゆくなったり、ちょっとした痛みを感じる様になったりするのです。また症状が進むと尿道から粘液性の分泌物が多く出てくるのですが、尿と一緒に出てくるので気が付く方は少ないでしょう。

女性に出るクラミジアの症状について

一方女性がクラミジアに感染した場合に、保菌者との性交後2~3週間ほどでサラサラとした水溶液状のオリモノが増え始めます。これは明らかに通常の生理状態とは少々異なりますから、よく注意をしていれば必ず気になるはずです。ですが、ちょっと様子の変わった生理かしら?などと放っておくと、そのまま発見できずに発症してしまう事になります。人によっては不正出血が出る様になったり、性行為の時に激しい痛みが出る事もありますし、日常的に下腹部が痛む様なケースも稀に見られます。ですが、先に述べた初期症状を見逃してしまうと、大半の方には自覚症状がありませんので、クラミジアの症状自体に気がつかないのです。この様に静かに体内を侵していく病原菌なのですが、最も危険な症状として、クラミジアは不妊症の大きな原因になってしまいます。最終的に子宮頸管炎から子宮内膜炎に罹り、やがて内臓まで炎症が広がるでしょう。こうなると受精しにくい子宮内環境へと変わりますし、例え受精しても卵子が着床不能になり、結果として不妊症につながってしまいます。そのため、男女ともに感染には普段から注意しなくてはいけません。

コメント

  1. Hi, this is a comment.
    To get started with moderating, editing, and deleting comments, please visit the Comments screen in the dashboard.
    Commenter avatars come from Gravatar.