クラミジアの潜伏期間

クラミジアの潜伏期間はどのくらい?

クラミジアの感染ルート

クラミジアの病原菌であるクラミジア・トラコマティスによって発症します。この菌は接触感染で広まる菌で、決して空気感染の心配はありませんが、反対にあらゆる性行為を介して感染してきます。つまり体液を介した粘膜感染が主なルートなのです。ですから精液・膣分泌液などの体液だけでなく唾液からも感染してしまいます。よくオーラルセックスによって咽頭部(のど)へ感染する事があります。これは20代の年齢層にも多く見られ、性交渉の無い方でもキスだけで感染したケースもあるくらいです。そしてもう一点、クラミジアに感染している人はHIV(エイズウイルス)に感染しやすくなるとされているので、非常に注意が必要なのです。

クラミジアの潜伏期間について

この様にあらゆる性行為を通じて感染をしてくるクラミジアの潜伏期間はどうなっているのでしょうか?一般的にクラミジアの保菌者と性行為をした場合、その日から1~3週間ぐらいで体に何らかの症状が出てき始めます。もちろん潜伏期間はひとそれぞれで変わってきますから、もう少し遅い場合も十分にありうるでしょう。そこでもしクラミジア感染したかもしれないと思った時は、過去1ヶ月前まで性交渉の相手をチェックしてみる必要があります。なぜなら潜伏期間中に他の人と性行為をして、知らないうちに移してしまっている可能性があるからです。そしてクラミジアに関しては、ほとんどの方が自覚症状を感じていないケースが多く、無自覚の内にどんどんと他の人に移してしまっている人も実際にいます。

潜伏期間の他に注意すべきポイント

クラミジアが体に症状として出るまでの潜伏期間は約3週間ですが、その期間が過ぎれば安心とはなりません。先にも言った通り、この感染症は自覚症状の極めて薄い病菌です。たとえば1年前に性行為をした相手が万が一クラミジアだった事が分れば、3週間を過ぎた後でも必ず検査をするべきでしょう。そして、それまでの間に性行為に及んだ方へ、勇気をもって感染病の事を伝える努力が必要です。この病気は女性であれば不妊症まで進む怖い病気ですし、男性でも睾丸炎などの危険も十分にあるのです。他人へ悪影響を与えてしまう可能性を十分に考慮して、早い段階で適切な対応を取っていくようにしましょう。もちろん相手に嫌われたり、恨まれたりする事もあるかもしれませんが、早期治療は身のためになります。そして新しい感染者を自分のせいで生み出さないためにも、すぐに関係者の検査を呼びかける様にしましょう。