クラミジアの検査方法

性器クラミジア・咽頭クラミジアの検査は簡単です

クラミジアは専門のクリニックで検査しましょう

現在若い男女の間で急増しているクラミジアですが、自覚症状が低いために感染に気付かないで生活している人がたくさんいと言います。よくあるケースでは、不妊の夫婦が共にクラミジアに感染していたという話もあるのです。そこでクラミジアの疑いがある方は、一度性病専門のクリニックで検査を受ける様におすすめします。検査は至って簡単です。病院で主に行われているクラミジアの検査方法として血液検査があります。採血をして血液中の成分検査によってクラミジア菌の有無をチェックする方法です。この時に梅毒や性器ヘルペスなども一緒に分かります。また尿検査もあります。こちらは主に男性のクラミジア検査で利用される方法です。この検査ではクラミジアの他に淋病もチェックができます。また、おりもの検査も行われます。女性の性病チェックはこの方法がメインで、膣内から膣分泌液を採取してチェックします。

咽喉クラミジアは喉の粘膜検査でOK

オーラルセックスやデープキスによって喉にクラミジア菌が感染する事があります。これを咽喉クラミジアといって、性器クラミジアに感染している方は、こちらも一緒に検査するべきでしょう。咽喉クラミジアは喉粘膜から分泌液を採取して検査します。この様にクラミジアの検査はそれ程面倒な事はありません。性病という事で恥ずかしい気持ちがあるでしょうが、放っておけば重症になる危険もありますから、早めにチェックをする様におすすめします。また感染に関する治療も抗生物質を投与するだけの簡単な治療ですので、通院などに時間をとられる心配もないでしょう。

クラミジアを放っておく事のリスク

では、クラミジアをそのまま放っておくとどうなってしまうのでしょうか?クラミジア菌はそれ程強い菌ではないので、健康体で免疫力のしっかりした方であれば、数年かかりますが自然治癒する病気です。しかし逆に体力低下やストレスなどで抵抗力が弱いと重症になる危険があるのです。特に女性はクラミジアを放置してしまうと、卵管炎で受精卵の着床ができなくなって不妊に繋がるケースがあります。また妊娠中の方は胎児に感染する事も心配です。そしてクラミジア感染では、HIVへの感染率が普通の人の3~5倍も高まるといったデータもあり、放置するリスクは決して無視できないでしょう。